序章:第一話/NO.000-1
序章
目が覚めると、暗闇だった。
暗闇の中、複数の息遣いだけが聞こえてくる。直ぐ隣には誰かが倒れていて、その隣にも誰かが倒れていて。それが延々と続いていた。
――何だ、この状況は?
状況が全く理解できない中、彼は警戒しながら辺りを見渡した。そこにはやはり暗闇だけがあったが…いくつかの気配を感じる。
恐らくは…他にも数人が起きていて、自分と同じように警戒しているのだ。このおかしな状況を。
――そうだ、着火具…荷物は?
と、彼が荷物を探ろうとすると同時、唐突に明かりが付いた。
ただその明かりはとても小さく、蝋燭の様に儚いものだったが。そして。
「ようこそ、選ばれた選手達よ…!」

―――。
彼、フリオニールの荷物を求めていた手は、硬直して動かなくなっていた。
いや、彼だけではなく、この場にいる殆どの者が呆然とし動けなくなっていた。突然姿を現したそれに恐怖を覚えて。
その存在は、絶対的な力と悪を持っていた。それこそ自分の存在など、一瞬で消されてしまうような。
「今日は貴様等に殺し合いをしてもらう。逆らうことは許されない」

それは、確かな絶望。

―――何で、どういうことだ。
あまりにも唐突な展開と恐怖に『選手』達は息を飲み沈黙する。しかし、
「…ふざけないでッ!」
一人の女性の怒声が、沈黙を破った。フリオニールはゆっくりと声がした方に首を向ける。
血の繋がらない妹である…マリアが弓を構え立っていた。続けた。
「あなたがどんな人なのか知らないけれど、殺し合いをさせられる覚えはないわ!」

ぱぁんっ!

―――。
フリオニールは、その出来事を理解することが出来なかった。
マリアの放った矢は間違い無く奴の心臓を貫く筈だったのに―――。
何故、マリアが倒れている?何故、マリアの胸に、矢が―――。
マリアは、目を見開いた表情で仰向けに倒れた。心臓に、マリアが放った筈の矢を深々と刺して。
一瞬の出来事だった。

「……ッマリアーーーーーーーーーーッ!!!!」
薄闇の中、女性達の悲鳴と、フリオニールの悲痛な叫びが響いた。

【マリア(FF2) 死亡】
【残り 138名】


フリオニール ←NO DATA
→NEXT
マリア ←NO DATA
→NEXT
アルティミシア ←NO DATA
→NEXT